輸出について

日本で生産されているクルマが海外にも販売されるようになったことは、日本のクルマ業界にとって大きな進歩であると同時に、日本のクルマ業界が世界に認められた存在になったと言うことでもありました。今ではそうした海外へのクルマの輸出もめずらしいことでは無くなりましたが、それでも今の時代に日本でしか生産されていないクルマがあり、日本でしか販売されていないクルマがあると言うのもまた事実なのです。

 

そう言うクルマが海外に輸出されるときには個人で輸入する人に送り届けるか、平行輸出と言うスタンスを取ることになります。トヨタで製造されている最高級のミニバンである「ヴェルファイア」でもそうした手法が取られていますが、このヴェルファイアの輸出についてはその平行輸出のスタンスが発売当初では取られていました。

 

その時代においては平行輸出でマレーシアだったり香港、マカオ、シンガポール、タイなどの東南アジアの国を中心として輸出されていたのです。しかしながら現在の輸出については正規輸出のスタンスがとられることになり、それらの東南アジアの国々の中でマカオ、そして香港に正規のルートを通じてヴェルファイアが輸出されることが決定したのです。