ラクティスの特徴

2005年に、初代ラクティスの販売を開始しました。その前にあったファンカーゴは、トヨタの小型トールワゴンとしての役割を果たしており、この後継車種として登場したのです。プラットフォームも同じく、ヴィッツのものをベースに生産されています。

 

「低燃費排出」、「軽快な走り」、「広大なスペース」、「かつて無い開放感」、「カッコイイスタイル」、「思い通りのレスポンス」という、コンセプトの多さが特徴です。その実現を目指し、まずは1300ccと1500ccと言う小排気量のエンジンを積み込むことにしました。その上で居住性が良くて広い室内スペースの確保のために、試行錯誤を繰り返しました。燃費も1500ccのFF車で、リッター辺り18キロくらいと言う良さを発揮しています。それから最高でも大体160万円くらいで買えるという、低価格を実現し、高速走行性も高いレベルを誇っています。

 

2代目へと進化したラクティスは、2010年に登場しました。先代と同じくヴィッツのプラットフォームを利用することに決まりました。5ナンバーサイズと言うのは変わりませんが、室内幅を40ミリ拡大したことによって、すこしだけゆとりのあるものになりました。それから、レバーの操作だけで格納することが出来るシートをFFのモデルに採用し、使い勝手をより高めることに成功しています。
またフロントシートを薄く作り、リアシートの奥行きと高さを30ミリアップし、クッションも10ミリ厚くしました。これにより、先代の弱点となっていたリアシートの居住性をアップすることにも成功しました。

 

1300ccのエンジンにも変化が見られ、デュアルVVT-iを採用しています。1500ccの4WD車では、CVTトランスミッションを搭載し、合わせて車体の軽量化と空力のアップもはかられました。その結果、燃費が向上し、平成22年度の基準でプラス25パーセントをFF車が、プラス15パーセントを1500ccの4WD車が達成しました。このように、先代よりもさらにレベルの高いトールワゴンになっています。