ファンカーゴとの違い

トヨタのトールワゴンであるラクティスはもともと、「ファンカーゴ」の後継車種として発売されました。共通しているのは、どちらもヴィッツのプラットフォームをベースに開発されたことです。ですが基本的には二つは違う車と言うことで、改良された点や、逆にデメリットとなる部分があったりするなど、多くの違いもあります。例えば、シートのアレンジが簡単に出来るようになったことです。それから2005年の発売に合わせて、当時の基準に適応させるために、ハイマウントストップランプが標準装備されることになりました。また大型のガラスルーフを採用して開放感を高めたり、ハッチが上下開きになったりしています。デメリットとしてはファンカーゴより荷物を多く積むことが出来ないので、そこだけ注意が必要です。

 

自動車のラインナップには普通のモデルだけではなく、特別なものが存在します。たとえば発売から何周年かや、生産台数が100万台を突破した記念だったりし、それが当たり前のことになりました。こういった特別仕様車は、トヨタのトールワゴンとして、ファンカーゴの後継車種の役目を持っているラクティスでも発売されています。
初代では、追加の魅力的な装備を武器としていました。最初に発売されたのは、アクアマイカメタリックと呼ばれるカラーリングをラインナップに追加した、「アクアセレクション」です。その後には、従来のヘッドライトより明るさを増した、ディスチャージヘッドランプを採用し、彩色にはライトブルーマイカメタリックを設定、さらには6スピーカーの追加装備したもの発売されています。
またマイナーチェンジされた後にも、設定されています。メッキをあしらったサイドドアハンドル、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプを採用して、代わりにクルーズコントロールなどをはぶき、価格を安く設定したモデルも出ています。