トヨタ ラクティス

a0001_006604

燃費や環境性能などが問題になっていく中で、自動車業界にもそのしわ寄せがやってきました。その結果、ハイブリッドカーやコンパクトカー、ハイブリッドミニバンなどが人気の車種となりました。
トヨタからはその昔、ファンカーゴと呼ばれるコンパクトな、軽のトールワゴンが発売されていました。そして、その後継車種として登場したのが「ラクティス」です。

 

特徴は、なんと言ってもその広い室内スペースにあります。
1300cc、多くても1500ccのエンジンを積んでいるにもかかわらず、最大限まで居住空間を広げました。そのため、経済走行性に優れています。そして、その割りには、160万円前後の値段で購入できるという、驚きの低価格で、経済状況が考えられたコンパクトなワゴンとなっているのです。
今では2代目をディーラーで購入することが出来るようになっています。スバルのエンジニアたちと共同開発しているのが話題となったり、燃費基準でも高水準を達成し、トヨタのコンパクトカー売り上げの一端を担っています。