ジャガーの歴史

モータースポーツが発祥した国であり、クルマの文化の歴史を築いてきた国と言えばイギリスであります。そうしたバックグラウンドもあってイギリスをはじめとしたヨーロッパの国ではクルマ文化が今でもさかんなのですが、イギリスを拠点とするジャガーも同じく歴史のあるクルマメーカーとして知られています。

 

ジャガーの歴史は世界的に見てももはや老舗と言えるメーカーとして知られており、ジャガーの歴史がイギリスのクルマメーカーの歴史のひとつでもあると言うことになります。具体的なジャガーの歴史には、設立としては1922年からスタートしましたがそのあとはいろいろ会社の名前を変更したり、販売が振るわなくて経営不振におちいって、ほかのメーカーの傘下に入ったりする時代もありましたし、オイルショックなどの世界的な出来事もクルマメーカーのジャガーの歴史に大きな影響をあたえることになりました。

 

現在においては日本でもその驚異的な低価格のクルマづくりで注目を集めている、インドのクルマメーカーである「タタモータース」がランドローバーとジャガーを買収したために、そのタタモータースの傘下に入る形で経営がつづけられているのがイギリスのジャガーなのです。