マーチの変遷

昨今のコンパクトカーブームにもれず乗っている日産のマーチですが、なんとその登場は1980年代にさかのぼります。これはその最大の特徴である、フルモデルチェンジまでのスパンがそれぞれ長いことが理由です。

 

初代は1982年に誕生し、10年後の1992年まで生産が続けられ、ようやく世代交代したのです。さらに2代目も丁度同じだけの年月を経て、2002年に次世代へとバトンタッチしました。そして3代目はこれまでには僅かに及ばないものの、8年間という他の同ジャンルの自動車に比べ長い販売年数を誇っています。

 

そして現行は2010年に登場した4代目です。デザインは、時代に合わせ丸みを帯びた物になっていき、次第に女性への人気が出るようになったのも特徴です。