電気自動車の排気量について

earth300電気自動車と言うのがありますね。あれは、基本的に電気で動くため排気ガスを排出しません。故に、電気自動車には排気量と言うのはありません。だから、基本的には排気量が0ccとなっているでしょう。

 
電気自動車は、環境に優しくするために電気により動く自動車です。基本的には、ガソリンなどの化石燃料を使用しないため、排気ガスを出すこと無く自動車として走行することが出来るでしょう。故に、排気量は上記で説明したようにありません。しかし、電気自動車はしっかりとした馬力を出すことができ、電気の充電次第によっては長距離の移動を可能としています。だから、とても自然に優しい自動車ですね。

 
排気量が0ccと言うことは、自動車税を払う必要がないのではと考える人が居ますが、それは違います。基本的に自動車税は、1000cc以下はどのような自動車でも1000cc以下の税金を支払う必要があるので注意してください。だから、自動車税を支払わなくて良いと考えないでくださいね。

 
このように電気自動車があります。排気量自体はありませんが、様々なことが通常の自動車同様になっているので注意しましょう。ちなみに、電気自動車でもハイブリット系は、排気量が多少あることがありますので注意してください。