アルファードとの関係

クルマのラインナップを見てみると、形やデザインがほとんど同じなのに、よく見ると細かいところが違うクルマがラインナップされていることがあります。たとえばグリルの形が違ったりであるとか、リヤのライトの形が違う、そして名前も違うと言うように、基本的には同じボディを持っていながらもじつは細かいところをそうして変更して売り出している販売戦略の一種になります。

 

そうしたモデルのことを「兄弟車」と呼んでいますが、世界のトヨタにおいては昔から「マークⅡ」、「クレスタ」、「チェイサー」の3兄弟車や「トレノ」、「レビン」と言った往年の名車にも兄弟車がありました。今のトヨタにおいてはミニバンでその傾向が目立ちますが、最高級のミニバンとして位置づけられている「ヴェルファイア」にもアルファードとの関係として兄弟車と言う設定がつけられています。

 

ヴェルファイアにとってのアルファードとの関係はそうした兄弟車の位置付けでありますが、微妙にデザインを変えて販売しているのは、ヴェルファイアをより若者向けとしたデザインにすることによって「力強さ」であったり「先進性」をアピールさせるようになっているのが、このヴェルファイアの特徴なのです。