XK

スポーツカーは日本では下火になっているのが現実ですが、ヨーロッパ諸国においては人気のあるクルマのカテゴリーでもあります。ジャガーから発売されている「XK」シリーズもスポーツカーとして知られており、そのスタイリングの良さで多くのスポーツカー愛好家をとりこにしてきました。

 

XKは1996年から販売が開始されたシリーズであり、現在でも販売がされています。もともとは同じジャガーの「XJS」に変わるスポーツカーを開発すると言うことになって生み出されたのですが、そもそものこのXKという名前はジャガーの「Eタイプ」の前に発売されていたスポーツカーの名前になっていました。うつくしいデザインとハイパフォーマンスを融合させた結果として、高級な価格設定であるにもかかわらず今までのジャガーのスポーツカーシリーズの中でもっとも成功をおさめることになったモデルとなり、販売台数はじつに11万5000台を記録しました。

 

今のXKも昔のXKもボディタイプはクーペとコンバーチブルの2タイプが用意されており、好みに合わせてチョイスが出来たのです。またエンジンにはスーパーチャージャーモデルもあり、426馬力のハイパワーを出しています。