ディーラーの下取りとアップルの買取の違い

ディーラーの下取りとアップルの買取システムでは一体何が違うのでしょうか?まずディーラーに下取りに出す場合ですが、ディーラーによる車の査定額は日本自動車査定協会が発行するイエローブックなどの査定ガイドブックを参考に決定されるため、人気のある車などであっても高値で引き取ってはくれません。また、同じ会社の車でない場合、査定額を低く見積もられる可能性もあります。そこでアップルでは買取した車の情報を6200軒にものぼる業者へ公開、一番高く買い取ってもらえるオートオークションへと出品するシステムになっておりますので、常に価格相場は変動しております。当然人気車種は高くなりますので、そういった情報を随時チェックし、査定額へと反映しているのです。また、その視野は国内に留まらず、海外へも広げております。アップルは近年、中華人民共和国へも店舗を進出させています。当然、海外の中古車需要もチェックしており、買い取った車が海外で高く売れる場合には直接輸出することが可能なため、利用者に高額査定を提示できる可能性は高くなります。さらに、本部公式サイト( http://www.applenet.co.jp/ )で無料のオンライン車査定サービスがある他、利用者が少しでも車を高く売れるように買取に関するノウハウなども多く公開しております。もともとアップルは中古車買取専門店として創業したため、買取にかける情熱が違うのです。